ttl

開催趣旨

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドイツ連邦環境・自然保護・建設・原子炉安全省(BMUB)、ドイツ連邦経済・エネルギー省(BMWi)と共同で、第8回日独エネルギー・環境フォーラムを開催します。
本フォーラムは、エネルギー・環境分野における日独相互の最新技術の研究開発や取り組みを発表することで、日独間の連携や協力の可能性を創出するプラットフォームとなることを目指し、2007年から開催しています。

今回は、「地球環境対策に資するエネルギーの新たな枠組み (仮題)」と題し、日独両国が取り組んでいる再生可能エネルギーの大量導入に伴う電力需給確保の困難化、電力市場の不安定化などの問題を、再生可能エネルギー発電や蓄エネルギー技術(蓄電池や水素など)あるいは需要などをICTで運用することにより解決していこうという、グリッドのスマート化や、水素社会の実現等における最先端の試みについて、問題の共有化と解決策について情報交換を行います。

開催概要

会 期:
2017年 2月9日(木)・10日(金)
【9日】 10:00~17:35(受付開始 9:30)
【10日】 9:30~13:00(受付開始 9:00)
主 催:
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
ドイツ連邦環境・自然保護・建設・原子炉安全省(BMUB)
ドイツ連邦経済・エネルギー省(BMWi)
後 援:
ドイツ連邦環境財団(DBU)
定 員:
日独合わせて各日200名程度
※ 定員になり次第、締め切らせていただきます。
諸注意:
フォーラムにおける記録行為(写真撮影、録音、映像撮影等)は、終日ご遠慮いただいております。
受講料:
無料

会場案内

WTCコンファレンスセンター
〒105-6103 東京都港区浜松町2丁目4番1号 世界貿易センタービル38F
  • JR線・東京モノレール「浜松町駅」直結
  • 都営地下鉄(浅草線/大江戸線)「大門」B3出口直結

※画像の上にカーソルを置くと拡大されます。

PAGE TOP