学術集会事務局

近畿大学医学部救急医学教室内
〒589-8511
大阪狭山市大野東377-2
E-MAIL:32jast@med.kindai.ac.jp

運営事務局

株式会社日本旅行
西日本MICE営業部内
〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4
大阪駅前第4ビル5階
TEL:06-6342-0212
FAX:06-6342-0214
E-MAIL:jast32@nta.co.jp

プログラム・日程表

※2018年1月時点 (プログラムは随時変更追加の可能性がございます)

特別講演

1)ベストで挑むための準備とメンタルコントロール

6月22日(金) 13:00~14:00 第1会場

桑田 真澄(野球評論家)

2)VR仮想現実/AR拡張現実/MR複合現実/ホログラフィーによる空間手術支援

6月21日(木) 11:00~11:50 第1会場

杉本 真樹(国際医療福祉大学大学院)

招待講演

1)Management of gunshot injuries: Experience from a high volume trauma centre

Elmin Steyn (Stellenbosch University, Cape Town Area, South Africa)

2)Major abdominal vascular injuries-How to approach and what to do外傷教育セミナー

Raul Coimbra (Riverside University Health System Medical Center, California, USA)

3)Roadmap towards improved survival in acute trauma-hemorrhage and trauma-induced coagulopathy (TIC): Basic concepts and the European trauma guidline

Marc Maegele (Cologne-Merheim Medical Center, University of Witten-Herdecke, Cologne, Germany)

4)Landmines: Weapons of mass destruction in slow motion – The evolution of care in blast injury

Kenneth Boffard (University of the Witwatersrand, Johannesburg Area, South Africa)

会長講演

村尾 佳則(近畿大学医学部 救急医学教室)

教育講演

1)教育講演1 「頭部外傷・顔面外傷」の最新の診療

6月21日(木) 14:00~15:00  第1会場

頭部外傷:横堀 將司(日本医科大学付属病院高度救命救急センター )
顔面外傷:諸富 公昭(近畿大学医学部形成外科)

2)教育講演2外傷教育セミナー「体幹部外傷」の最新の診療

6月22日(金) 9:00~10:00  第1会場

胸部外傷:本竹 秀光(沖縄県立中部病院)  
腹部外傷:小林 誠人(公立豊岡病院 但馬救命救急センター) 

3)教育講演3救急科領域講習「Trauma IVR・四肢骨盤外傷」の最新の診療

6月22日(金) 14:00~15:00  第1会場

Trauma IVR:船曵 知弘(神奈川県済生会横浜市東部病院)
四肢骨盤外傷:井口 浩一(埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センター)

教育セミナー救急科領域講習

6月21日(木) 9:00~10:00  第1会場

1)JETEC外傷専門ガイドライン第二版について

木村 昭夫(国立国際医療研究センター病院救命救急センター)

2)JATEC第5版に伴うJATECコース改正点について

冨岡 譲二(社会医療法人緑泉会米盛病院救急科)

シンポジウム

1)外傷センター 海外の現況(指定)
Current status of trauma center overseas

2)外傷センター 日本の未来(公募、一部指定)

3)Japan-Korea Trauma Symposium 1, 2(公募、一部指定)

パネルディスカッション (公募、一部指定)

  1. 海外でのon-the-job training
  2. Off-the-job trainingの現況
  3. 最新の医療技術を用いた外傷診療の進歩
  4. 基礎研究から臨床への応用ー未来を語るー
  5. 高齢者外傷治療の問題点
  6. 頭部外傷後の凝固・線溶系障害を伴う症例の治療戦略 up-to-date
  7. Damage control resuscitationの実際
  8. 外傷における鏡視下手術の役割
  9. 重症外傷治療の匠の技をどのように引き継ぐか
  10. 大量出血を伴う骨盤骨折症例の治療戦略
  11. 重症体幹部骨折を伴う多発外傷に対するtotal care
  12. 多発外傷に伴う重度四肢外傷救肢の光と闇
  13. 重症外傷患者におけるREBOAの現況と問題点
  14. 銃創・爆傷に対する救急救護と救命治療

ワークショップ(多職種セッション)(公募、一部指定)

  1. 外傷治療後の社会復帰への取り組み
  2. 私達のTrauma team
  3. 私達のTrauma call, ACS call

委員会企画(指定)

多施設臨床研究委員会企画:日本外傷学会の推進する多施設臨床研究

Case Conference(指定)

IVR学会ジョイントセッション(指定)

若手セッション

1)研修医セッション(会長賞)

応募可能な研修医は演題応募時点での初期研修医(国家試験合格後2年以内の臨床研修医)のみです。

2)後期研修医セッション(優秀演題賞)

応募可能該当者は演題応募時点で初期研修終了後3年以内の医師です。

動画セッション

要望演題

1)窮地を救ったこの1手

2)生涯忘れられないこの1例

一般演題(口演、ポスター)

International Session(公募、一部指定)

評議員セミナー

1)Trauma worldwide – a preventable disease. Are surgeons doing enough?

Elmin Steyn (Stellenbosch University, Cape Town Area, South Africa)

2)Trauma-induced coagulopathy (TIC): Mechanisms and treatment approaches

Marc Maegele (Cologne-Merheim Medical Center, University of Witten-Herdecke, Cologne, Germany)

プレコングレス 外傷外科トレーニングコース

1)DSTC(Definitive Surgical Trauma Care )コース

期間:6月18~20日  会場:神戸医療機器開発センター

2)外傷外科手術指南塾

上に戻る