運営事務局

(株) 日本旅行西日本MICE営業部
〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4
大阪駅前第4ビル5F
TEL:06-6342-0212
FAX:06-6342-0214
E-mail:27th_sagpj@nta.co.jp

訪問者数

HS参加登録

ハンズオンセミナー(HS)のご案内

事前参加登録期間:2017年4月17日(月)~5月26日(金)

HS事前参加登録は締め切りました。多数のご登録ありがとうございました。

※ガイドブックでは4月16日(日)からの開始となっておりますが、4月17日(月)10:00からの開始とさせていただきます。何卒ご了承ください。

申込み方法

参加登録は、本年次集会公式ウェブサイトからのオンライン登録によって受付いたします。
参加資格は特にありませんが、ハンズオンセミナー1(吸入指導)は、完全入れ替え制でHS1-AとHS1-2は、同一の内容です。

※WSと時間が重なる場合がありますので、ご注意ください。

ハンズオンセミナー(HS)1A/1B

『吸入指導』
見て、聞いて、触って、考えて、納得の吸入指導!
座長(講師):
青野珠可((株)杏林堂薬局 ハーバル薬局)
日時:
9月2日(土)15:00~18:00
定員:
1A(15:00~16:30)40名/1B(16:30~18:00)40名 計80名(入れ替え制)

吸入ステロイドは喘息治療において重要な役割を果たしており、吸入手技の成否が効果を左右すると言っても過言ではありません。「コントロールがつかない」「増量したのに全く改善しない」など、正しい吸入ができていないと期待した効果が得られないこともあります。

そこで当セミナーでは、小児アレルギーエデュケーター薬剤師による正しい吸入手技指導や支援について学んでいただきます。

p-MDIではスペーサーの使用が推奨されており、患児に適したスペーサーを選択することが大切であり、マスクタイプとマウスピースタイプの特徴や子どもの発達に応じた選び方のポイントを紹介します。

またDPI製剤では、ある程度の吸入力が必要となるため、練習用トレーナーが発する音を体験することから、テキストには記載されていない音の長さや強さを聴いて、耳で覚えて学んでいただきます。

さらに間違った吸入手技の実演から、問題点とその発生理由について皆さんと一緒に考え、保護者と患児を納得させるための指導方法を身につけていただけます。

見て、聞いて、触って、考える体験型のハンズオンセミナーは、明日からの診療にすぐに役立つセミナーですので、ぜひご参加ください!

※当セミナーは15時からの部と16時30分からの部で、2部制となっております。どちらの時間帯になるかは、運営事務局にて決定し、参加者に通知させていただきます。時間帯の希望はお受けできかねますので、予めご了承願います。

※より多くの施設の方にご参加いただきたいので、1施設からの申込み人数は2名以内でお願いします。

ハンズオンセミナー(HS)2

作ってみませんか? アレルギーっ子に優しいお料理を!
座長(講師):
赤塚さおり、須川由利子、森谷尚子、徳田玲子(徳田ファミリークリニック)、アレルギーっ子の会ぽかぽか
日時:
9月2日(土)13:30~16:30  定員:50名

 「アレルギーっ子の会ぽかぽか」は、食物アレルギー・喘息・アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を有する子どもと親の会で、津市を拠点に三重県全域で活動しています。

近年、特に食物アレルギーをもつ子どもが増えていることもあり、少しずつではありますが、社会の理解も深まり、学校や園などを始め、レストランやスーパーなどでも対応してくれるようになってきました。

今回の学会では、食物アレルギーをもつ子どもたちのことをもっと知ってほしい、そして、その家族を支援していきたい、との思いでアレルゲンを除去した料理教室を開催します。講師は、食物アレルギーの子どもをもち、毎日の食事作りに笑顔で奮闘している母親と、アレルギーに特化した栄養士で、どんなことも安心して相談できる先生です。現在、月に一度、「だれでもSmile Kitchen」という親子で参加できる料理教室を開催しています。

手軽に手に入る材料を用い、ちょっとした工夫やコツで、子どもが笑顔になれる、簡単で優しいお料理を一緒に作ってみませんか?

※1施設より何名でも参加可能です。
※食材および食器、エプロン等など御用意しますので、当日何も持たずに会場にお集まりください。
※当日、参加費を1,000円、会場でいただきます。

ハンズオンセミナー(HS)3

『外傷と熱傷の湿潤療法』
湿潤療法ってどうするの? -子どもの熱傷&外傷への対応 基礎と応用
座長:
岡田清春(おかだ小児科医院)、福田弥一郎(福田診療所)
講師:
禹 満(禹小児クリニック)、宮原 篤(かるがもクリニック)、八木和郎(小児科八木医院)、浅井俊行(キッズクリニックありす)
日時:
9月2日(土)15:00~17:30
定員:
80名(8名10グループ)

消毒薬やガーゼを使用しない湿潤療法は、従来の治療法に比べ、痛みが少なく傷痕も綺麗になり、実施されている医療機関も増えてきています。

しかし一方では、湿潤療法で治療した経験がない場合なかなか手を出しにくいとか、外傷は経験があるが熱傷は手を出しにくいなどという話を聞きます。

また、湿潤療法が広がるにつれて発売されている被覆材の種類も増え、どんな傷にどの被覆材をどの様に使ったら良いのか分からない、という声もよく聞きます。

一昨年に引き続き、このハンズオンセミナーでは、前半で、湿潤療法の原理と手技の実際、被覆材の種類とその使い分け、肥厚性瘢痕への対応、予後も含めた経過、簡単な外科的処置、などを提示します。さらに小グループに分かれて、被覆材を自由に使って、お互いの手や人形に対して部位別にその使い方を実習します。

未経験だが一度触ってみたいと思う方、少し経験はあるけど未だ自信が無いという方の参加を歓迎いたします。

※1施設からの参加は2名まででお願いします。

ハンズオンセミナー(HS)4  ※WSと時間が重なります

明日からできる! 「体験型スキンケア教室」
座長(講師):
岡本まゆ美(医療法人双優会 つつじが丘こどもクリニック)
日時:
9月3日(日)9:00~11:50
定員:
60名(空きがあれば当日参加可)

乳幼児の肌は脆弱で外力に弱く、肌トラブルの有無に関わらず、スキンケアは欠かせません。また、近年では、経皮感作によるアレルギーの発症についても問題視され、皮膚バリア機能の重要性が認識されています。湿疹を改善し、健やかな肌を保つには、効果的なスキンケア方法を患者・家族に指導し、支援していくことが大切です。

今回、愛知県で2007年よりスキンケアセミナーを実践しているつづじが丘こどもクリニックのスタッフと、三重県の小児アレルギーエデュケーターが協同して、スキンケアセミナーを開催します。スキンケア毎日継続してもらうには、意義を伝えるだけでなく、負担の少ない実践しやすい方法を示すことが重要です。このセミナーでは、長年蓄積したノウハウを活かしたスキンケア教室の運営システムとその内容・効果についてお話します。その後、身近な資材を使って、泡立て・洗浄・保湿を指導スタッフと一緒に実践します。

基本的なスキンケアの方法や簡単にできるコツが分かれば、実際に指導する時の気持ちが全然違います! 教室を開催してみたい方、やりたいけれど、やり方が分からない方、ぜひ、明日からできる!「体験型スキンケア教室」を体験してください。

※職種は問いませんが、学生は不可とします。
※1施設からの参加は2名まででお願いします。
※手ふきタオルをご用意ください。

ハンズオンセミナー(HS)5  ※WSと時間が重なります

『小児救急電話相談から学ぶ電話受付の応対』
電話には、保護者に対する姿勢とチームワークが現れる
座長(講師):
福井聖子((一社)大阪小児科医会 NPO法人小児救急医療サポートネットワーク)
日時:
9月3日(日)9:00~12:00
定員:
50名

 「電話が苦手」「電話は危ない」「電話では何もできない」などの意見をよく耳にします。
クリニックへの電話は、単なる問い合わせや受診の相談などさまざまで、受診患者の保護者といっても、声だけの応対に戸惑うことはよくあります。われわれは年間5万件の相談がある大阪府小児救急電話相談(#8000)の研修や本学会のワークショップを通して、電話を介する会話は診療現場の会話と異なる配慮が要求され、そのための研修が必要とと感じてきました。応対がスムーズになると診療にもイメージアップにもつながり、聴き取った内容は保護者への指導の一環として重要な役割を果たすなど、日常診療に良い影響を及ぼす可能性を感じています。

まず電話の特徴を座学で学び、グループワーク前半は保護者の立場で電話の会話を考えます。後半は電話の録音を聞いて、ワイワイ話し合ってみましょう。同じ音声でも人によって感じ方が違い、電話は一方的な指導を伝えるのではなく、「聴く」手段として有効であることを理解し、伝え方の工夫も学ぶ機会になるでしょう。

ハンズオンセミナー(HS)6  ※WSと時間が重なります

メディカルスタッフ対象救急処置
①心肺蘇生(CPR) ②気道異物除去
日時:
9月2日(土)11:00~12:00
10:30~11:30
定員:
30名
リーダー:
梅本正和(うめもとこどもクリニック(三重県津市))
サブリーダー:
小菅聖志(津市消防本部)
スーパーバイザー:
今井 寛(三重大学救急部教授)
目的:

小児科外来にて実施する可能性のある、①CPRと、②気道異物処置の注意点を学ぶ

実践:

人形を使っての実践 ①胸骨圧迫と人工呼吸 ②年齢による異物除去手技の違い

学ぶこと:
  1. ① 人口呼吸の1歳未満と1歳以上の手技の違い、胸骨圧迫の、1歳未満と1歳以上の違い
    より良い胸骨圧迫の知識、胸骨圧迫は「全身に血液を送るため」と思っている 誤解を解く
    一人のときと二人のときのCPRの手技の違い、少し息をしている時に心肺蘇生はするかどうか?
  2. ② 1歳未満と、1歳以上の気道異物除去の違い
事前参加登録・ハンズオンセミナー(HS)

ハンズオンセミナー(HS)の申し込みには、まず、年次集会事前参加登録をお願いします。

上に戻る