プログラム

第1会場

第1日 2020年12月12日

特別企画1:渥美和彦榮譽学会長追悼講演
演者
仁田 新一(東北大学名誉教授)
伊藤 壽記(大阪府保健医療財団大阪がん循環器予防センター所長)
川嶋 みどり(日本赤十字看護大学名誉教授)
大会長講演:治療、予防、そして幸福を目指した次世代型統合医療
演者
酒谷 薫(東京大学大学院教授)
シンポジウム1:データ駆動型社会における統合医療
演者
中村 彰二朗(アクセンチュア株式会社 福島イノベーションセンター センター長)
「会津若松市スーパーシティ構想」
大山 勝徳(日本大学)
「AIによる認知症マススクリーニング法」(仮題)
ランチョンセミナー1:スポーツによる次世代ヘルスケア
演者
持丸 正明(国立研究開発法人産業技術総合研究所 人間拡張研究センター・研究センター長)
「人間の能力を拡張する」
(共催:株式会社ゼビオ)
シンポジウム2:AIロボティックスによる統合医療
演者
佐藤 知正(東京大学名誉教授)
「AIロボティックス:ヘルスケアから街づくりまで」(仮題)
岡田 美智男(豊橋技術科学大学教授)
「<弱いロボット>の福祉領域における応用」(仮題)
宮﨑 詩子(株式会社テレノイドケア 代表取締役)
「分身ロボットによる生活サポート」(仮題)
市民公開講座:幸せとは?
対談
柳 美里(芥川賞作家) X 酒谷 薫(東京大学大学院教授)

第2日 2020年12月13日

シンポジウム3:理想の高齢化社会
演者
鏑木 孝昭(那須まちづくり株式会社 取締役)
「多様性の受谷で理想を目指す(那須での実践)」(仮題)
特別企画:次世代の高齢者住居プロジェクト
演者
金 じょんひょん(株式会社博報堂)
岩瀬 功樹(梓設計)
酒谷 駿一(大和ハウス工業株式会社 横浜支社 建築事業部 設計部)
ランチョンセミナー2
演者
石井 千恵(医療法人社団清心会 藤沢病院)
「AI人型ロボットによる認知症介入」
二宮 恒樹 (富士ソフト株式会社 プロダクト事業本部 PALRO事業部 営業グループ リーダー/シニアマスター)
「認知症介護従事者等の負担軽減に向けたコミュニケーションシステムの開発」
(共催:富士ソフト株式会社 )
シンポジウム4:健康教室最前線
演者
山下 積徳(つみのり内科クリニック院長)
「体験型健康医学教室<りんご教室>」
西村 拓一(産業技術総合研究所 人間拡張研究センター)
「AIを活用した次世代健康医学教室」(仮題)
シンポジウム5:幸せな最期をむかえるために
演者
有賀 誠一(カナダ合同教会牧師)
「宗教と医学」
馬場 翔一郎(鎌倉自宅葬儀社)
「幸な自宅での最後」(仮題)
吉田 紀子(済生会支部鹿児島県済生会 支部長)
「Post Traumatic Growth(PTG)」(仮題)

オンデマンド配信

シンポジウム6:次世代予防医学モデル
演者
福岡 博史(医療法人社団明徳会福岡歯科理事長)
「次世代予防医学・歯科からの発信」(仮)
林 真一(グリーンフラスコ株式会社代表)
「植物療法(アロマ・ハーブ)による生活様式」
シンポジウム7:女性医療と統合医療
演者
鈴木 真理(政策研究大学院大学名誉教授/跡見学園女子大学心理学部 特任教授)
「日本女性のやせと摂食障害」
細井 昌子(九州大学心療内科)
「女性の慢性疼痛へのヨーガ介入」(仮題)
大門 美智子(大門医院副院長)
「婦人科領域におけるアロマテラピーの実践」(仮題)
ランチョンセミナー3
演者
板村 論子(一般社団法人 日本ホメオパシー医学会)
シンポジウム8:生活習慣病と統合医療
演者
岡田 定(聖路加病院)
「100歳を健康に生きるための12の習慣」
小池 弘人(小池統合医療クリニック院長)
「統合医療は『離島医療』である
~生活習慣病・慢性疾患における統合医療を可視化する~」

シンポジウム9:災害と統合医療- COVID-19と統合医療-
演者
近藤 久禎(厚生労働省DMAT事務局 次長)
「災害としての新型コロナウィルス感染症」(仮題)
加島 雅之(熊本赤十字病院)
「COVID-19に対する中医学的アプローチ」(仮題)
シンポジウム10:認知症と統合医療
演者
小国 士朗 (一般社団法人 注文を間違える料理店)
「注文を間違える料理店」(仮題)
シンポジウム11:看護と統合医療
演者
岡 美智代(群馬大学大学院保健学研究科教授 IMJ群馬県支部長)
「統合医療継続のためのセルフマネジメントプログラム」(仮題)
ランチョンセミナー4
特別講演:スピリチュアリティと統合医療(日本アントロポゾフィー医学会協賛)
演者
Ursula Wolf(ベルン大学補完統合医療研究所教授)
「Anthroposophic Medicine and Spirituality」(仮題)
日本アントロポゾフィー医学会代表演者
「日本のアントロポゾフィー医学」

2020年9月3日現在
※登壇者・テーマ・演題名等今後変更となる場合がございます。

TOP