大会事務局

鶴見大学歯学部口腔内科学講座
〒230-8501
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
準備委員長 佐藤 徹
E-mail:
28om31od@tsurumi-u.ac.jp

運営事務局

株式会社日本旅行
国際旅行事業本部 ECP営業部
〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-18-19
虎ノ門マリンビル11階
TEL:03-5402-6401
FAX:03-3437-3944
E-mail:jsom_2018@nta.co.jp

開催概要・プログラム・日程表

開催概要

1.会 期
2018年(平成30年)9月14日(金)~15日(土)
2.会 場
横浜市開港記念会館
住所:神奈川県横浜市中区本町1-6 
TEL:045-201-0708
アクセス:
みなとみらい線   日本大通り駅 1番出口 徒歩1分
JR京浜東北線  関内駅  南口 徒歩10分
市営地下鉄線   関内駅    1番出口 徒歩10分
3.大 会 長
里村 一人(鶴見大学歯学部口腔内科学講座 教授)

日程表

予定プログラム

シンポジウム1 「歯科における「診断」を考える」(9月14日15:10~17:10  120分予定)

座長:米谷裕之先生  (大阪歯科大学附属病院 口腔診断科 准教授)

  1. 大西弘高先生 (東京大学医学系研究科医学教育国際研究センター 講師)(35分)
    「診断推論能力の理論基盤」
  2. 岡田明子先生 (日本大学歯学部 口腔診断学講座 准教授)(35分)
    「歯の痛みの診断 ―非歯原性疼痛を考える―」
  3. 星 憲幸先生(神奈川歯科大学大学院口腔統合医療学講座デジタル歯科診療科 准教授) (35分)
    「治療計画に役立つ補綴診断」(仮題)

シンポジウム2 「災害時の歯科医学」 (9月15日9:30~11:05  95分予定)

座長:佐藤慶太先生

  1. 佐藤慶太先生  (鶴見大学先制医療研究センター 教授)(20分)
    「災害に対する歯科界の取り組み」(仮題)
  2. 足立了平先生  (神戸常盤大学短期大学部口腔保健学科 教授)(20分)
    「災害関連死を防げ! 被災地での誤嚥性肺炎の予防に口腔ケアを」
  3. 勝村聖子先生  (鶴見大学歯学部法医歯学 准教授)(20分)
    「身元確認 ―最後の歯科医療―」(仮題)
  4. 中山祐介先生(横浜市立みなと赤十字病院救急部 部長)(20分)
    「大規模災害時に歯科に望むもの」(仮題)

特別講演

  1. 川野竜司先生 (東京農工大学工学研究院生命機能科学部門ナノ生命工学 准教授)
    「ナノポア計測によるmiRNA計測 ― 簡易口腔癌診断への応用」
    座長:里村一人先生 (9月14日14:00~15:00 60分予定)
  2. 西川博嘉先生 (国立がん研究センター研究所腫瘍免疫研究分野先端医療開発センター 免疫トランスレーショナルリサーチ分野 分野長)
    「がん免疫療法の臨床応用によってわかったことと今後の展開」(915日 11101210 60分予定)
    座長:里村一人先生

教育講演

  1. 藤内 祝先生 (神奈川歯科大学 副学長)
    「口腔癌に対するハイパーサーミア(温熱療法)」
    座長:片倉 朗先生 (東京歯科大学口腔病態外科学講座 主任教授)
    (9月14日11:00~12:00 60分予定)
  2. 深田俊幸先生 (徳島文理大学薬学部病態分子薬理学 教授)
    「なぜ亜鉛は健康に必要なのか? ― 亜鉛に関する温故知新 ―」
    座長:角 忠輝先生 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科総合歯科臨床教育学 教授)
    (9月15日14:00~15:00 60分予定)

その他のプログラム

一般演題・ランチョンセミナーなど

PAGE TOP