学会会長挨拶

この度、第58回日本母性衛生学会総会・学術集会を平成29年10月6 日(金)と7日(土)に、神戸国際会議場および神戸国際展示場2号館において開催させていただきます。神戸大学としては、望月眞人教授が平成2年10月に開催しました第31回学術集会以来のことであり、私ども教室員一同に取りまして、大変に光栄なことと存じます。

本学術集会は2日間会期で、招聘講演、教育講演、シンポジウム、セミナー、市民公開講座、実践講座および一般演題(口演とポスター)から構成されるプログラムを企画しております。メインテーマは、「予知予防と心の支え」といたしました。母性衛生に関わる医療、助産、看護、保健および行政の円滑な遂行には、多職種間の協働によって初めて可能になる「患者と家族への支援」はとても大切で必要不可欠です。母子感染対策、不育症、性的少数者、虐待と暴力、障害と家族、メンタルヘルスなどについて疾患の理解、社会状況と支援のあり方をテーマにして、明日からの日常医療と保健に役立つ内容のシンポジウムや教育講演を企画しております。

一般演題の募集期間は、平成29年3月1日 (水)〜5月17日 (水) です。多数の演題応募と学会参加をいただけますれば幸甚に存じます。

暑さ過ぎて秋風爽やかな10月の神戸となります。北野坂、異人館、南京街、旧居留地、モザイク、神戸ビーフ、エスニック、洋菓子、有馬温泉は、素晴らしい癒しとなります。

皆様よりのご発表とご参加を期待して、神戸でお会いできますことを心から楽しみにしております。

平成29年1月吉日

第58回日本母性衛生学会総会・学術集会

会長 山田 秀人

(神戸大学大学院医学研究科 産科婦人科学分野教授)

PAGE TOP