プログラム

Ⅰ.主題目(テーマ)

「根拠に基づいた作業療法の展開」
Enlargement of Evidence-Based Occupational Therapy

Ⅱ.会  期

2018 年 9 月 7 日(金),8 日(土),9 日(日)

Ⅲ.会  場

名古屋国際会議場
〒 456-0036 名古屋市熱田区熱田西町 1 番 1 号
http://www.nagoya-congress-center.jp/

Ⅳ.企画内容

1.学会長講演「作業療法に求められる科学的根拠」

講師:宮口 英樹(広島大学学術院大学院医歯薬保健学研究科)

2.基調講演

Ⅰ「脊髄損傷の再生医療」

講師:井出 千束(藍野大学中央研究施設所長)
司会:中村 春基(日本作業療法士協会会長)

Ⅱ「 Groundwork for increasing occupation-based neurological evidence
増加する作業に基づく神経学的根拠の基礎研究」

講師:Guðrún Árnadóttir(Landspitali University Hospital, Iceland)
司会:宮口 英樹(広島大学大学院医歯薬保健学研究科)

Ⅲ「刑事司法領域における作業療法の期待される役割」

講師:大橋 哲(法務省矯正局大臣官房審議官)
司会:香山 明美(東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科)

Ⅳ「認知症と自動車運転」 (仮)

講師:三村 將(慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室)
司会:藤田 佳男(千葉県立保健医療大学健康科学部リハビリテーション学科)

3.シンポジウム

1)「発達障害がある子どもと成人の地域支援
-発達障害領域と精神障害領域の作業療法・融合の一歩-」
司会:
辛島 千恵子(名古屋大学)
シンポジスト:
副島 悠紀(長崎県発達障害者支援センター)
2)「障害のある人への工学的支援の現状と展望
-シームレスな支援につなげるために-」
司会:
車谷 洋(広島大学)
大庭 潤平(神戸学院大学)
シンポジスト:
山下 剛正(ヒロシマ平松病院 技師長)
小野 栄一(国立障害者リハビリテーションセンター研究所 所長)
田中 裕一(文部科学省 初等中等教育局 特別支援教育課 特別支援教育調査官)
日詰 正文(独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園
事業企画局研究部 部長/前厚生労働省 専門官)
3)「疾患別作業療法ガイドラインの紹介と臨床への応用」
司会:
東 登志夫(長崎大学)
シンポジスト:
仙石 泰仁(札幌医科大学保健医療学部 作業療法学科)
稲富 宏之(京都大学大学院医学研究科)
竹原 敦(湘南医療大学保健医療学部)
蓬莱谷 耕士(社会医療法人仙養会北摂総合病院)
4)「International Café : フィリピンの作業療法士と語る」(国際シンポジウム)
司会:
座小田 孝安(日本作業療法士協会 国際部 副部長)
シンポジスト:

Dr. Rolland Lyle.D.Duque (Life Skills Therapy Center)
Mr. Abelardo Apollo l. David, Jr (Independent Living Learning Center)

4.市民公開講座 「健康長寿の秘訣ーフレイル・認知症予防についてー」

講師: 葛谷 雅文(名古屋大学大学院医学系研究科・名古屋大学未来社会創造機構)

5.各種セミナー

2018 年 9 月 7 日(金) イブニングセミナー
2018 年 9 月 8 日(土) モーニングセミナー,ナイトセミナー

6.一般演題

口述発表(スペシャルセッションを含む)とポスター発表を行います.

Ⅴ.機器展示

生活関連用具・リハビリテーション関連機器の最新情報を提供できるよう企画しています.

Ⅵ.学会事務局

日本作業療法士協会 学術部 学会運営委員会
運営事務局:株式会社 日本旅行 ECP 営業部
東京都港区虎ノ門 3-18-19 虎ノ門マリンビル 11 階 TEL 03-5402-6401

Ⅶ.学会ホームページ

http: //web.apollon.nta.co.jp/ot52/

PAGE TOP