演題募集

演題募集期間

2021年5月10日(月)~7月30日(金)

応募資格

  • 本会での演題応募は、事前参加登録を完了された方に限ります。
    事前参加登録がお済みでない方は、先にこちらのページからお手続きいただきますようお願い申し上げます。
  • 筆頭著者/発表演者は、日本ウイルス学会会員に限ります。非会員の方は、入会の手続きを行ってください。
  • 演題登録時には日本ウイルス学会の会員番号の入力が必要です。入会手続き中の方は、会員番号の欄に“007-999-9999”と記入してください。
  • 日本ウイルス学会の入会および年会費案内はこちらをご確認ください。
【日本ウイルス学会の入会および年会費に関する問い合わせ】
日本ウイルス学会事務局(株式会社 微生物科学機構内)
〒112-0002 東京都文京区小石川4-13-18
FAX:03-6231-4035
E-mail:biseibutsu-com@umin.ac.jp

演題募集要項

口演およびポスターの全演題はウェブ上での発表となります。
一般口演は8分、ポスターは2分の発表を事前に収録して頂き、オンデマンド配信いたします(11月16日~18日)。
口演・ポスター発表ともにポスターを作成頂きます。ポスターデータは事前にお送り頂き、ウェブ上に掲載いたします。
また、リアルタイムディスカッションを含め、ウェブ上で質疑応答を行います。
発表の収録およびポスター作成要項は改めてご案内いたします。

1. 募集演題・使用言語

一般演題(一般口演・ポスター発表)を公募いたします。

発表言語は英語あるいは日本語となります。選択された言語で抄録本文もご登録ください。

発表形式 演題名(*) 抄録本文 著者名(*) 所属機関(*)
一般口演 英語及び
日本語
発表言語と
同一の言語
英語及び
日本語
英語及び
日本語
ポスター発表 英語及び
日本語
発表言語と
同一の言語
英語及び
日本語
英語及び
日本語

* 国内の発表者は、抄録本文以外は英語と日本語を必ず併記してください。

2. 演題登録方法

  • 演題登録はconfitのシステムを使用いたします。
    ※本システムは最新版の【Internet Explorer】【Firefox】【Safari】【Google Chrome】以外では、正しくご利用できない場合があります。 それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。
    ※郵送、ワードデータによる演題受付は致しませんのでご注意ください。
  • 抄録本文については、【目的】・【方法】・【結果】・【考察】の 4項目にわけて記載してください。
  • 演題名は日本語70文字(英語半角140文字)以内、抄録本文は日本語1,000文字(英語半角2,000文字)以内となります。
  • 演題登録時、半角英数文字32文字以内のログインIDと8~32の字のパスワードをお決めください。 このIDとパスワードは登録後も締切時まで変更が可能です。 なお、セキュリティの観点からIDとパスワードのお問合せには応じられませんので必ずお控えください。

3. 募集演題カテゴリー

適当な選択肢をそれぞれのカテゴリーから選択してください。

[A]
A01 植物ウイルス
A02 昆虫ウイルス
A03 アデノウイルス科
A04 ヘルペスウイルス科
A05 ブニヤウイルス目アレナウイルス科
A06 アストロウイルス科
A07 アスファウイルス科
A08 ラブドウイルス科
A09 ボルナウイルス科
A10-1 ブニヤウイルス目ハンタウイルス科
A10-2 ブニヤウイルス目フェニュイウイルス科
A10-3 ブニヤウイルス目ナイロウイルス科
A11 カリシウイルス科
A12 コロナウイルス科(SARS-CoV-2以外)
A13 コロナウイルス科(SARS-CoV-2)
A14 フィロウイルス科
A15 フラビウイルス科(ヘパシウイルス属以外)
A16 フラビウイルス科ヘパシウイルス属
A17 トガウイルス科
A18 ヘパドナウイルス科
A19 へペウイルス科
A20 オルトミクソウイルス科
A21 パピローマウイルス科
A22 パラミクソウイルス科
A23 パルボウイルス科
A24 ピコルナウイルス科
A25 ポリオーマウイルス科
A26 ポックスウイルス科
A27 レオウイルス科
A28 レトロウイルス科レンチウイルス属
A29 レトロウイルス科(レンチウイルス属以外)
A30 プリオン
A31 ウイロイド
A32 ファージ
A33 その他
[B]
B01 構造
B02 細胞侵入
B03 ゲノムと遺伝子発現
B04 粒子形成と放出
B05 ゲノム複製
B06 ウイルス伝播
B07 病原性
B08 発癌
B09 疫学
B10 多様性、進化
B11 免疫
B12 ワクチン
B13 抗ウイルス剤
B14 臨床
B15 遺伝子治療とウイルスベクター
B16 データ解析と数理モデル
B17 その他

4. 演題応募に関する注意事項

  • 学術誌上に既発表の論文と同じ内容を学術集会で再発表することは認められておりません。
  • 原則、1名の発表者につき1演題を採用いたします。
  • 共著者であれば複数の演題が応募可能です。
  • 同一グループの講演演題が明らかに1つの演題として発表可能と認められた場合には、1演題のみを採択し他を不採用にすることがあります。
  • 最新の結果を含めた内容の発表をお願いします。
  • 研究目的の不明確なもの、意味のない追試、重大な誤りを含んでいるもの、実験と結論の間に大きな飛躍のあるもの、倫理の配慮に欠けているもの等は審査の対象になりません。
演題採否通知
  • 演題採否の結果は、ご登録のメールアドレスに通知いたします(8月下旬頃を予定)。
  • 採否、発表形式および発表時間の決定は、事務局にご一任ください。
演題登録画面

発表言語は英語あるいは日本語となります。選択された言語で抄録本文もご登録ください。

お問い合わせ

第68回日本ウイルス学会学術集会
運営事務局補佐(演題登録係)
株式会社キョードープラス
担当:白神(しらが)・杉本
〒701-0205 岡山県岡山市南区妹尾2346-1
TEL:086-250-7681 FAX:086-250-7682
jsv68@kwcs.jp

TOP