インターン先情報一覧

※表は横にもスクロールします

通番 略称(リンク) インターンシップ該当ページリンク 国際機関名称 カテゴリー インターン期間 経費 応募資格 募集期間 特記事項
1 ICJ 
https://www.icj-cij.org/en
https://www.icj-cij.org/en/internships 国際司法裁判所 国際裁判機関 1-3か月 自己負担 ・キャリアの初期段階にある学生や若い専門家
( 学部生以上 )
随時  
2 ITLOS
https://www.itlos.org/
https://www.itlos.org/the-registry/training/internship-programme/ 国際海洋法裁判所 国際裁判機関 1月~3月 自己負担 ・少なくとも3年間の大学研究を完了していること
・申請時及びインターンシップ中に学位授与プログラム又は大学院プログラムに従事していること
・35歳以下゙
・英語とフランス語、もしくはそのどちらかを使いこなせること
・国際法、特に国際海洋法や国際情勢、国際組織に関心があること
9月30日まで  
3 ICC 
https://www.icc-cpi.int/
https://www.icc-cpi.int/Vademecum/OT2423481_ICC%20AI%202017%20004%20%20(ENG)%20-%20INTERNSHIP%20PROGRAMME.PDF 国際刑事裁判所 国際裁判機関 3-6カ月 自己負担 ・インターンシップ申請時に下記のいずれかに従事していること
-大学院に在籍している、または第2学士号もしくはその同等以上の学位があること
-学部の最終学歴であること、もしくは学士の最低レベルまたはその同等の学位があること
・関連する専門職の経験が3年未満であること
・英語またはフランス語での優れたコミュニケーション能力があること
・実務知識やその他の公用語(アラビア語、中国語、ロシア語、スペイン語)の知識があるとなお良し
・多文化および多言語の労働環境への適応性、自立心、コンピュータ能力を有していること
随時 条件によっては手当あり
4 PCA 
https://pca-cpa.org/
https://pca-cpa.org/en/search/?q=internship 常設仲裁裁判所 国際裁判機関 1月~3月 自己負担 ・法科大学院生(最終年又は最近の卒業生)
・英語もしくはフランス語が堪能であること
9/1まで  
5A WTO
https://www.wto.org/
https://www.wto.org/english/thewto_e/vacan_e/iypp_e.htm 世界貿易機関 国際機関 最大6ケ月 手当あり ・WTO加盟国の国民、または加盟交渉している国の国民であること
・関連する分野(経済学、法律、政治学、国際関係等)で学士過程を修了し、大学院過程を少なくとも1年間修了していること
・21際以上30歳以下
随時 WTO Internship Programme
5B WTO
https://www.wto.org/
https://www.wto.org/english/thewto_e/vacan_e/iypp_e.htm 世界貿易機関 国際機関 最大10ケ月 手当あり ・WTO加盟国の国民、または加盟交渉している国の国民であること
・関連する分野(経済学、法律、政治学、国際関係等)で学士過程を修了し、大学院過程を少なくとも1年間修了していること
・30歳以下
随時 China LDCs and Accessions Progarmme
( also known as China WTO Accession Intership Programme) 
5C WTO
https://www.wto.org/
https://www.wto.org/english/thewto_e/vacan_e/iypp_e.htm 世界貿易機関 国際機関 最大6ケ月 手当あり ・WTO加盟国の国民、または加盟交渉している国の国民であること
・博士課程の最終段階者で論文の最低75%の完了者
・経済学、法律、国際関係、または密接に関連するWTOの分野で博士号または同等の学位があること
随時 WTO Support Programme for Doctoral Studies
6 ICSID 
https://icsid.worldbank.org/en/
https://icsid.worldbank.org/en/Pages/about/Internships.aspx 投資紛争解決国際センター 国際裁判機関 1月~4月 自己負担 ・3L、LLM又は博士課程在籍者
(・法科大学院在籍3年以上・LLMプログラム受講者・博士課程在籍者)
10/15まで COVID-19の影響で条件変更となる可能性あり
7 UNCITRAL 
https://uncitral.un.org/
https://uncitral.un.org/en/about/vacancies_internships 国連国際商取引法委員会 国際機関 2-6か月 自己負担 ・学部生(最終学年又は卒業生)以上
・国連インターンシッププログラム(sec3)にあるような一般的な資格要件を満たしていること
・Microsoft Word、Excel、PowerPointなどのコンピュータスキルを保持していること
随時 国連インターンシッププログラム
https://undocs.org/en/ST/AI/2020/1
8 AALCO 
http://www.aalco.int/
http://www.aalco.int/internship アジアアフリカ法律諮問機関 国際裁判機関 4週間以上 自己負担 ・AACLOの加盟国によって承認された大学の大学院に在籍していて、少なくとも3年間連続した研究を終了している
・国際法又は国際関係の最低20時間の教室での学習に出席している必要あり
随時  
9 UN
https://www.un.org/en/sections/where-we-work/

https://careers.un.org/lbw/home.aspx?viewtype=IP
国際連合(法務部門) 国際機関 2-6か月 自己負担 ・学士課程の最終年度
・学士号、修士号、又は博士号を取得してから1年以内
・英語もしくはフランス語が堪能であること
随時  
10 IMF 
https://www.imf.org/external/index.htm
https://www.imf.org/en/About/Recruitment/working-at-the-imf/fund-internship-program 国際通貨基金(法務部門) 国際機関 10-12週間 自己負担
なし
<博士号を取得している場合>
・現役で在籍していること(インターンシップを終えて大学へ戻れること)
・32歳以下

<修士号を取得している場合>
・博士課程在籍者
・28歳以下
随時 6月~10月実施
11 IAEA 
https://www.iaea.org/
https://www.iaea.org/about/employment/internships 国際原子力機関(法務部門) 国際機関 3-12カ月 手当あり ・大学もしくは同等の機関で3年以上在籍しているもの
・学士号、修士号、または博士号取得後1年以内であること
・IAEAのインターンシッププログラムに参加したことが無いもの
・20歳以上
随時  
12 IFAD
https://public.wmo.int/en
https://www.ifad.org/en/internship-programme?inheritRedirect=true 国際農業開発基金(法務部門) 国際機関 6カ月 手当あり ・大学または大学院に在籍し12カ月以上経過しており、プログラム参加時に2年間の学部課程を修了している、
もしくは最近、大学、大学院を卒業したもの
・英語が堪能であること
・30歳以下
随時  
13 ILO 
http://www.ilo.org/global/lang--en/index.htm
https://jobs.ilo.org/content/Internships/?locale=en_GB 国際労働機関(法務部門) 国際機関 3-6カ月 手当あり ・大学院の修士または同等の最後の年であることもしくは ILOの仕事に関する高等課程に在籍していること
あるいは申請の前年度に同等のプログラムを完了していること
・英語、フランス語、スペイン語のいずれか一つは堪能であること
随時  
14 IMO
http://www.imo.org/EN/Pages/Default.aspx
http://www.imo.org/en/About/Careers/Internship/Pages/Default.aspx 国際海事機関(法務部門) 国際機関 2週間-3カ月 手当あり ・大学の学位を取得し、且つ修士号または博士号を取得していること
・英語、フランス語、スペイン語のいずれか一つは堪能であること
随時 COVID-19の影響で受入一時中断中
15 ITU
https://www.itu.int/en/Pages/default.aspx
https://www.itu.int/en/ITU-T/academia/Pages/np-internship.aspx 国際電気通信連合(法務部門) 国際機関     作成中    
16 OECD
http://www.oecd.org/
https://www.oecd.org/careers/internship-programme/ 経済協力開発機構(法務部門) 国際機関 1ー12カ月 手当あり ・インターンシップ期間中、OECDの仕事に関連する分野でのフルタイムの学位プログラムに登録されていること
・英語もしくはフランス語のどちらかが堪能であり、もう一方についての知識ならびに学習意欲があること
・ITスキルを保持していること
随時  
17A WIPO
https://www.wipo.int/portal/en/
https://www.wipo.int/export/sites/www/jobs/en/internships/pdf/wipo_internships.pdf 世界知的所有権機関(法務部門) 国際機関 3-6カ月 手当あり ・学部生(3年生以上)、  もしくは過去2年以内に学位を取得済で上級学位を目指している者
・英語もしくはフランス語が堪能であること
・Microsoft Word、Excel、PowerPointなどのコンピュータスキルを保持していること
随時  
17B WIPO
https://www.wipo.int/portal/en/
https://www.wipo.int/export/sites/www/jobs/en/internships/pdf/wipo_internships.pdf 世界知的所有権機関(法務部門) 国際機関 3-12カ月 手当あり ・修士課程に在籍していてコースワークを終了している者
もしくは修士の学位保持者もしくは次の課程(博士)の学位を目指している者
あるいは過去2年以内に修士の学位を取得済のもの
・英語もしくはフランス語が堪能であること
・Microsoft Word、Excel、PowerPointなどのコンピュータスキルを保持していること
随時  
18 ICAO 
https://www.icao.int/Pages/default.aspx
https://www.icao.int/Search/pages/results.aspx?k=internship 国際民間航空機関(法務部門) 国際機関 3-6カ月 自己負担 ・大学院学位プログラム(第2レベル)在籍者又は修了者
(修士課程在籍者又は修了者)
・航空、環境、航空/航空宇宙学又はその他の工学、
あるいはコンピュータに関連する研究分野の学位プログラムであること
・35歳以下
・少なくとも2年以上の実務/職務経験があること
11/30まで  
19 UPU
http://www.upu.int/en.html
http://www.upu.int/nc/en/resources/vacancies/internships.html?sword_list[0]=internship 万国郵便連合(法務部門) 国際機関 2-6カ月 手当あり ・学部学生
・20歳以上
・フランス語又は英語の会話及び筆記に関し非常に優れた知識があること
7/24まで  
20 AfDB 
https://www.afdb.org/en
https://www.afdb.org/en/about-us/careers/internship-programme/terms-and-conditions アフリカ開発銀行(法務部門) 国際機関 6~12月 手当あり ・30歳未満                    
・学士号、修士号を取得もしくは同等の公立・私立の高等教育を受けているもの                 
・英仏語の読み書きができること(それ以外の言語ができればさらに望ましい)
2019/12/8 本年度は申請受付終了
21 EBRD
https://www.ebrd.com/home
https://www.ebrd.com/careers/ebrd-internships.html 欧州復興開発銀行(法務部門) 国際機関 3-12カ月 自己負担 ・大学卒業して学士を習得しているもの
・学士号は取得後1年以内であること
・大学院に在籍しているもの
・ERBDの会員国の国籍であること
・英語が堪能であること             
随時  
22 ADB
https://www.adb.org/
https://www.adb.org/new/work-with-us/careers/internship-program アジア開発銀行(法務部門) 国際機関 56日ー6ケ月 手当あり
(最長で56暦日まで)
・インターンシップの前後ともにADB加盟国の学校の修士
または博士レベルのプログラムに登録されていること
・ABDの仕事に直接関連がある分野の研究に従事していること
・ADB加盟国の国民であること
・優れた英語能力を保持していること
・指定された分野の専門的な知識を有していること
8/1~
9/30まで
 
23 HCCH
https://www.hcch.net/en/home
https://www.hcch.net/en/recruitment/internships ハーグ国際私法会議 国際裁判機関 3-6ヶ月 自己負担 ・英語もしくはフランス語が堪能であること
その他条件等については、直接機関にお問い合わせください。問い合わせ先:internships@hcch.net 
9/30まで  

※2021年4月時点(最新情報はホームページにてご確認ください)

お問い合わせ先

「第2回 国際裁判機関等インターンシップ支援事業」 運営事務局

(株)日本旅行 公務法人営業部 営業1課 担当:山田(里沙)・菅
TEL 03-5402-6471 (土日祝を除く平日 09:45~17:45)
【メールアドレス】 事務局専用アドレス kokusaihou_internship@nta.co.jp

公式SNSはこちらちら

Copyright © 第2回 国際裁判機関等インターンシップ支援事業 All Rights Reserved.
TOP